スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
『裁判員制度』について
平成21年5月までにスタート予定の『裁判員制度』について説明受けました…
難しいそうに感じますが、そうでもなさそう~
他言は無用です(守秘義務あり)

被告人の有罪・無罪を決め、有罪の場合の刑を裁判官と決める国民参加型の司法だそうです。
ちなみに、岡山県は<岡山地方裁判所>の方のみで行なわれるそうです。

1.基本的に選ばれたら辞退できないそうです(相当の理由無しでは)
しかし、70歳以上の人・学生・裁判所に行くことが困難な人・重病・父母の葬儀等がある人などは、裁判所で理由が認められたら辞退できるそうです。
2.選ばれる方は、選挙権のある人の中からくじにて抽出
3.裁判員になれない人は次の人
・義務教育が終了していない人
・心身に障害が有って、職務が真っ当できない人
・禁固刑などの刑に処せられた人
・審議する事件の被告人やその親族など
・国会議員や大臣国の行政機関の幹部
・司法関係者や警察官、都道府県知事や市町村長
・自衛官
・不公平な裁判をするおそれのある人
4.裁判は、短期間で終わらせることを目的にしているようです
5.日当や交通費は支払われるそうです
6.参加する事件は
・殺人事件
・強盗致死傷や障害致死傷
・危険運転致死
・現住建造物等放火(住んでいる家に放火した場合)
・身代金目的の誘拐
・保護責任者遺棄致死(子どもを放置して死亡させた場合)
 他にもまだ有るそうですが、例として挙げました。
※詳しいことは、法務省HP内の『裁判員制度コーナー』を見てください
法務省HP http://www.moj.go.jp/SAIBANIN
『裁判員制度』-もしもあなたが選ばれたら- のビデオも製作しているそうです(中村雅俊監督)
制度に関する説明会、ビデオ貸出しなどの問合せは、086(224)5867へ

スポンサーサイト
【2006/11/23 23:06 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<チボリ公園ぶらつき日記 | ホーム | 初、蛸釣りに行ってきました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。